CRCグループTOP > シー・アール・シー > 骨塩定量検査(DIP法)

フィルムレスの骨塩定量検査(DIP法)
デジタルデータでの骨塩定量検査
デジタルX線装置で撮影したデジタルデータを解析
フィルム出力が不要
デジタル画像で精度が安定
X線撮影の条件は従来通り
フィルム不要で省スペース化に貢献
骨塩定量検査で実施料が算定可能
骨塩定量検査フィルムレスシステム
CR/DR対応メーカー: 富士フイルム社(CR/DR)・コニカミノルタヘルスケア社(CR/DR)
  ケアストリーム社〈コダック〉(CR)・東芝メディカルシステムズ(DR)
 


資料:
DIP法による骨塩定量検査について[338KB/PDF](外部リンク)
   

インターネットでのご依頼が可能になったWEB版 骨塩定量検査(DIP法)


(株)シー・アール・シー お問い合わせ
092-623-2111
 または お問い合せフォーム