CRCグループTOP > シー・アール・シー > 尿素呼気試験について
ピロリ菌と尿素呼気試験について
尿素呼気試験は・・・
簡単
専用呼気パックに息を吹き込むだけでOK
無痛
呼気を使うので採血する必要がありません
尿素呼気試験の手順
吹き込む
検査薬服用前に専用パックに呼気を吹き込む
飲む
検査薬を服用します
すぐにうがい
軽くうがいをして口腔内に残った尿素を排出します
横になって待つ
体の左側を下にして横になり5分間待ちます
座って待つ
椅子などに腰掛けて15分間待ちます
吹き込む
最後に専用パックに呼気を吹き込んで終了

尿素呼気試験の原理
尿素の中には炭素(C)が含まれますが、自然界に存在する99%は12Cです。 試験薬の尿素には安定した同位元素の13C(自然界には1%)が含まれています。 ピロリ菌が存在していれば、この尿素をウレアーゼ酵素によってアンモニアと二酸化炭素(CO2)に分解します。 発生した二酸化炭素は吸収されて、肺から呼気として排出されます。 尿素呼気試験では呼気の中の13Cを検出します。 感染していなければ試験薬はそのまま排出されますから、呼気の中に13Cは含まれません。
注:尿素呼気試験は医療施設でのみ実施できる検査です。
  検査ご希望の方は、お近くの医療施設にご相談ください。