性感染症のはなし

STDとは STDの感染経路と病原菌の出やすい所 主なSTDの種類と症状 男性のSTDを見分ける方法 STDを予防するには STDの自己チェック

STDを予防するには

1.コンドームを使う
STDはノドなどの性器以外にもうつるので、フェラチオのときもコンドームを使用する。
ペニスは包皮を根元まで下げ、亀頭をきちんと露出する。
表裏をよく確かめ、精液だまりを軽くつまみ空気を出す。
勃起(ぼっき)状態のペニスの先端にかぶせる。
爪(つめ)で傷つけないよう注意し、根元までしっかりおろす。
射精後はペニスが縮小する前に速やかに抜き、精液が漏れないように処分する。


2.アナルセックスや器具を使ったセックスは避ける
ウイルスは血液中に存在し、粘膜の傷口を通して感染しやすいので、出血を伴いやすいセックスは避ける。

3.不潔なセックスは避ける
相手の指や爪が汚れていたり、アナルのあとに膣に挿入するなどの場合は雑菌による感染が起こりやすく、STD感染のリスクも高くなります。

4.日常生活に気をつける
疲れや睡眠不足、スパイスや刺激的な食べ物の摂りすぎ、お酒の飲みすぎはカラダの抵抗力を低下させるので、STD感染のリスクが高くなります。

5.検診を受ける


性感染症のはなしTOPへ STDとは? 感染は? 種類と症状
シー・アール・シーTOPへ 男性のSTD 予防法 自己チェック



臨床検査はシー・アール・シー(CRC)