CRCグループTOP > シー・アール・シー食品環境衛生研究所 > ダニアレルゲン検査




 アレルギー性疾患の原因となる「ダニアレルゲン」。
 
 文部科学省が規定する「学校環境衛生の基準」では、平成16年2月に一部改訂が行われ、ダニまたはダニアレルゲンを年1回定期的に検査することが義務づけられました。
 
 ダニはカーペットや畳、家具の下、隙間、布団など、室内のいろいろな場所に生息しています。
 
 弊社では、簡単な検査でダニアレルゲンの状態を判別して報告しています。現状を知り、清潔な環境を創ることが健康への第一歩です。
 
 
ダニアレルゲン検査の主な対象施設
   
・学  校 ------ 保健室、教室 など
・保育施設 ------ 教室、収納棚 など
・病  院 ------ 病室、待合室 など
・職  場 ------ 応接室、事務所内 など
・家  庭 ------ 寝室、リビング など

  ダニアレルゲン検査の主な対象物
 
・カーペットや絨毯 ・カーテン
・畳 ・押し入れ
・布団(敷布団、掛布団) ・ソファ
・マットレス ・家具の下や隙間
・ベット  


    ◆
ダニアレルゲン検査要項

 
価 格 3,500円(税別)/1箇所 検査所要日数 検査試料到着後 2営業日
 
 
 採取道具
 
  以下の採取道具を送付します
 ・ゴミ取り袋・・・・・・1箇所 1個
  ※ゴミ取り袋はチャック付ポリ袋に入っています。

 
 〈その他同封しているもの〉
 ・ダニアレルゲン採取記録、返信用封筒


ご準備いただくもの
 ・掃除機
 
 
 ダニアレルゲン検査の流れ
 
1.掃除機を準備する
 掃除機ブラシに付着したホコリなどのゴミを、必ず取り除いてください。
 
2.ゴミ取り袋を広げて掃除機ノズルに装着する(図1)
 ゴミ取り袋は破れやすいので、取り扱いは慎重にお願いします。
 
3.ゴミ取り袋を装着したノズルとブラシを接続する(図2)
 
4.掃除機で検査実施箇所1m2を1分間吸引する(図3)
 
5.チャック付ポリ袋に検査実施箇所名を記入し、ゴミ取り袋を戻して密封する(図4)
 チャックが閉じていることを確認してください。
 
6.5の検査試料を弊社へ返送する
 「ダニアレルゲン採取記録」に、ご連絡先・検査実施箇所・採取日時などをご記入の上、5の検査試料とともに返送用封筒に
 入れご返送ください。
 
 
 
 ダニアレルゲン検査 結果の判定
 
判定 ダニアレルゲンレベル コメント
++  >35μg(>350匹)/m2  通常より多く、除去が必要です。
 10μg(100匹)/m2  一般家庭の通常レベルです。
+−  5μg(50匹)/m2  良好なレベルです。
 <1μg(<10匹)/m2  とても快適な状態です。
※数値は、粗抗原(ダニ抽出物)量です。ダニ(ヒョウヒダニ)匹数は、目安として記載しています。
 
 
 

弊社業務のご案内
水道法20条に関する水質検査〈水道法20条第3項登録水質検査機関第203号〉
水道水、専用水道、水道用薬品、クリプトスポリジウム検査等
 
環境計量証明事業に関する検査〈環境計量証明事業登録(福岡県)濃度第39号〉
工場排水、土壌分析、底質、産業廃棄物、汚泥、ゴルフ場残留農薬、大気濃度測定
 
作業環境測定に関する業務〈作業環境測定機関登録第40-36号〉
空気中の特定化学物質濃度測定、有機溶剤濃度測定、鉛等の金属濃度測定

騒音・振動測定に関する業務
〈環境計量証明事業登録(福岡県)音圧レベル第49号・振動加速度レベル第38号〉
道路交通騒音・振動調査、工場騒音・振動調査、建物内の騒音・振動調査
温泉分析に関する業務〈温泉成分分析機関登録福岡県第6号〉
温泉成分分析(温泉利用申請時)、メタンガス測定
 
その他の水質検査等
ビル管理法に基づく水質検査、井戸水の水質検査、プール水・浴槽水の水質検査等
 
食品検体検査に関する業務
微生物検査、食品添加物検査、栄養表示成分検査、残留農薬検査、異物検査、
肉種鑑別DNA検査
 
食品工場・厨房内等の衛生検査
調理施設での拭き取り検査、衛生指導等



〒813-0062 福岡市東区松島3丁目29-18 Tel092-623-2211 Fax092-623-2212
佐 賀営業所 〒840-0023 佐賀市本庄町袋131-16 Tel0952-27-0831
諫 早営業所 〒859-0405 諫早市多良見町中里129-9 Tel0957-28-5031
鹿児島営業所 〒890-0034 鹿児島市田上8-12-23 Tel099-282-1765


※各種お問い合せにつきましては、お問い合せ専用フォームをご利用ください。