CRCグループTOP > CRC食品環境衛生研究所 > 食物アレルゲン検査のご案内
 
 アレルギー対策の原則は、「アレルゲンを体内に侵入させないこと」です。しかし、加工食品が多く出回っている昨今、アレルゲンを含む食品の判別は難しく、食物アレルギー体質の人が摂取可能な食品を選択するためには、食品製造業者からのアレルギー物質に関する情報提供が必要です。
 最近は、製品の食物アレルゲン検査だけではなく、製造工程で発生してしまうコンタミネーション防止を目的とした生産機械設備の拭き取り検査が増加しています。
 弊社では、表示義務項目7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび・かに)について消費者庁通知法に従い、スクリーニング検査(ELISA法・2キット)を実施しています。
 尚、スクリーニング検査にて陽性の場合には、ウエスタンブロット法もしくはPCR法での確認検査をお勧めいたします。

 表示義務があるもの −特定原材料(7品目)−
  卵、乳、小麦、そば、落花生、えび・かに※1
 
 
 表示が推奨されるもの −特定原材料に準ずるもの(20品目)−
  大豆、あわび、いか、牛肉、豚肉、鶏肉、さば、さけ、いくら、キウイフルーツ、リンゴ、バナナ、オレンジ、
もも、くるみ、やまいも、まつたけ、ゼラチン、カシューナッツ、ごま※2
 
※1「えび・かに」については甲殻類由来タンパクを検出する試験となります。「えび・かに」と他の甲殻類との区別は付きません。
※2「カシューナッツ、ごま」は、2013年9月20日に消費者庁より、表示を推奨する品目に追加するよう通知されました。
 
 
 通知法スクリーニング検査(定量) 2種類のキットを使用して検査します。
検査対象 卵、乳、小麦、そば、落花生 甲殻類(えび・かに)
検査方法 ELISA法
 モリナガFASPEKエライザII
 FASTKITエライザVer.III
ELISA法
 甲殻類キットII「マルハニチロ」
 FAテスト EIA-甲殻類II「ニッスイ」
定量範囲 1.0〜20.0μg/g
検体必要量 加工食品2食分(合計約200g)を1試料としてご依頼ください。
所要日数
および
検査料金(税込)
10〜14営業日    20,900円/1検体1検査対象

8営業日(迅速検査) 41,800円/1検体1検査対象
           2検体以上一括でご依頼の場合27,500円/1検体1検査対象
 
 
 簡易検査(定性)  予約制(事前にお問い合わせください)
検査対象 卵、乳、小麦、そば、落花生 甲殻類(えび・かに)
検査方法 イムノクロマト法
 FASTKITスリムシリーズ
イムノクロマト法
 FAテストイムノクロマト-甲殻類II
定量範囲 5μg/g
検体必要量 加工食品2食分(合計約200g)を1試料としてご依頼ください。
所要日数
および
検査料金(税込)
3〜5営業日    3,850円/1検体1検査対象
 上記検査にて陽性の場合には、ウエスタンブロット法(卵、乳)またはPCR法(小麦、そば、落花生、えび、かに)による
 確認検査が必要です。
 
 

 ELISA法 および イムノクロマト法

 抗原抗体反応を利用し、食品中に含まれるタンパク質を検出します。
 使用原材料によっては、偽陰性、偽陽性となる場合がありますので注意が必要です。
 PCR法
 検出対象に特異的なDNA領域をPCRで増幅し検出する方法です。
 極めて微量なDNAでも検出することが可能で、特異性も高い検査法です。
 ウエスタンブロット法
 食品中に含まれるタンパク質を電気泳動により分子量で分離し、ELISA法と同様に、抗原抗体反応を利用して
 タンパク質を検出します。
 分子量により区別するため、ELISA法よりも特異性が高く偽陽性が現れにくい検査法です。
 
 

表示違反発生時のリスクと国内のアレルギーの原因比率
保険所等が表示違反(表示されていない場合)を発見した際の措置


保健所等が必要事項を表示すべき旨を指示し、訂正されるまでの間は、販売を行わないよう指導する。

さらに必要に応じて、
・営業許可の取り消し
・営業の全部もしくは一部を禁止
・期間を定めて停止(食品衛生法第55条に基づく措置)

場合によっては、
・2年以下の懲役または200万円以下の罰金
・法人では1億円以下の罰金
図.アレルギーの原因物質
出典:平成27年度食品表示に関する試験検査
「即時型食物アレルギーによる健康被害、及びアレルギー物質を含む食品に関する試験検査」より作成
 
 
弊社業務のご案内<分析・検査に関するご相談やご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください>
 
●水道法20条に関する水質検査
 〈水道法20条第3項登録水質検査機関第203号〉
 水道水、専用水道、水道用薬品、クリプトスポリジウム検査等
 
●環境計量証明事業に関する検査
 〈環境計量証明事業登録(福岡県)濃度第39号〉
 工場排水、土壌分析、底質、産業廃棄物、汚泥、ゴルフ場残留農薬、
 大気濃度測定
 
●作業環境測定に関する業務
 〈作業環境測定機関登録第40-36号〉
 空気中の特定化学物質濃度測定、有機溶剤濃度測定、
 鉛等の金属濃度測定
 
●温泉分析に関する業務
 〈温泉成分分析機関登録福岡県第6号〉
 温泉成分分析(温泉利用申請時)、メタンガス測定
 
●その他の水質検査等
 ビル管理法に基づく水質検査、井戸水の水質検査、
 プール水・浴槽水の水質検査等
 
●食品検体検査に関する業務
 微生物検査、食品添加物検査、栄養表示成分検査、残留農薬検査、
 異物検査
 
●食品検体検査に関する業務
 調理施設での拭き取り検査、衛生指導等

厚生労働省登録検査機関(食品衛生法・水道法)
CRC食品環境衛生研究所
〒813-0062  福岡市東区松島5丁目7-6  Tel092-623-2211  Fax092-623-2212
佐 賀営業所 〒840-0023 佐賀市本庄町袋131-16 Tel0952-27-0831 Fax0952-27-0832
長 崎営業所 〒852-8002 長崎市弁天町1-21 Tel095-864-7027 Fax095-864-7028
諫 早営業所 〒859-0405 諫早市多良見町中里129-9 Tel0957-28-5031 Fax0957-28-5032
鹿児島営業所 〒890-0034 鹿児島市田上8-12-23 Tel099-282-1765 Fax099-282-2378

※各種お問い合せにつきましては、お問い合せ専用フォームをご利用ください。