紙一重の民主主義
山崎 広太郎 (著)
戦後、長い間ないがしろにされてきた国民主権。
このままでは民主主義が機能する筈がない。
オリンピック誘致で東京と最後まで闘った“反骨”の元福岡市長、渾身の提言。
ご購入はお電話またはFAXでお願いいたします。
 Tel 092−511−3622
 Fax 092−511−3681
価格:800円(税別)
> Fax専用申込書(PDF)はこちらです。
・電話にてお申し込みされた際には、ご請求金額をお知らせいたしますので、
 お近くの金融機関よりお振込みお願いいたします。
・ご請求金額は、書籍代、送料を合計した金額となります。
・お振込みの際、手数料はお客様のご負担にてお願いいたします。
・商品はご入金の確認後に発送いたします。(通常はクロネコメール便にて発送)
お振込先
 金融機関/西日本シティ銀行 高宮支店
 口座番号/普通 0490753
 口座名義/株式会社シー・アール・シー 
山崎広太郎 略歴
1941(昭和16)年 9月3日 韓国全羅北道全州市生まれ
1945(昭和20)年 終戦後、父の郷里、島根県大社町(現・出雲市)へ引揚後に母の親戚を頼り、福岡市郊外の筑紫郡春日村(現・春日市)に転居
1954(昭和29)年 春日市立春日東小卒業
1957(昭和32)年 福岡市立三筑中卒業
1960(昭和35)年 福岡県立修猷館高校卒業
1965(昭和40)年 九州大学法学部卒業、自民党福岡県連に就職
1966(昭和41)年 自民党総合政策研究所々員
自民党本部政務調査会事務局
1968(昭和43)年 総理府の青年海外派遣団員として東南アジア9カ国・地域を50日間親善訪問
1971(昭和46)年 4月 29歳で福岡市議に初当選
1975(昭和50)年 福岡市議選で二期目当選
1979(昭和54)年 福岡市議選で三期目当選
1983(昭和58)年 福岡市議選で四期目当選
1985(昭和60)年 7月 福岡市議会議長
1989(平成 1)年 地方6団体の一つ、全国市議会議長会長に就任
1991(平成 3)年 福岡知事選に無所属で立候補して落選
1993(平成 5)年 7月 衆院選に日本新党から立候補し、福岡一区(中選挙区)でトップ当選
1996(平成 8)年 衆院選(小選挙区・福岡2区)で二期目を目指すも敗れる
1998(平成10)年 11月 福岡市長選に立候補し、初当選
2006(平成18)年 福岡市長選で、敗北、三期目ならず
2012(平成24)年 4月 旭日重光章受章
       
現在
 ● 大韓民国 釜山市名誉市民
 ● NPO法人 ホークスジュニアアカデミー 理事長
 ● NPO法人 ライオンズの森プロジェクト 理事長
 ● スペシャルオリンピック 2014年福岡大会 実行委員長

このページを閉じる